びた一文の「びた」とはどういう意味?




ほんの少しの金額も値引きできない、という時に「びた一文まけられない」などと言うことがありますが、この「びた」とはどういう意味だかご存知ですか?

「びた」は漢字で「鐚」と書きます。
つまり、悪いお金。

日本では鎌倉時代頃には硬貨が使われていたそうですが、最初の頃は国内では作られておらず、明(みん)から入ってきた中国銭が使われていたそうです。



その中に粗悪な材質の物が含まれていたり、国内でニセ硬貨を作る人が現れたりし、通常の硬貨よりも価値のないお金を「鐚銭(びたせん・びたぜに)」と呼びました。

鐚銭が平べったい・薄べったいことから「べた」が「びた」に転訛し、こう呼ばれるようになったのではないかと言われているそうです。

出典元:http://www.edomono.jp